2021年02月12日

黄色の日

・・・ていうか
1996年(平成8年)2月12日は司馬遼太郎が亡くなった日
・・・で、毎年の命日が 「菜の花忌」

2001年3月、劇団わらび座 「菜の花の沖」 の綾部公園は私も関わった

淡路島が産み出した江戸時代の偉人高田屋嘉兵衛
日本海を舞台に北前船による海洋交易活動を繰り広げ
蝦夷地と本州沿岸各地の産業の振興
北方僻地の漁港の開拓、航路開設はいうまでもなく
日露民間外交の先駆者として活躍


この公演の実行委員会は収益金で購入した菜の花の種を
由良川河川敷にまいて菜の花畑にし、 「 綾部の名所にしよう」
・・・と数年間つづけて種蒔きや菜の花祭りもしたなあ


去年ばかりか今年もイベントまで大幅自粛

東大阪市にある司馬遼太郎記念館・・・
今年も暖かい九州指宿から沢山の菜の花が贈られたらしい

菜の花600本from指宿.jpg
600本
菜の花忌.jpg
記念館の内外に飾られたという

記念館のある町や駅周辺なども市民の手で菜の花が咲きだしてるだろう

司馬遼太郎・・・といえば

2011年5月、夫婦で電車を乗り換え乗り換え・・・
野崎観音(還暦参り)、石切神社、司馬遼太郎記念館など回った
菜の花ロードも黄色い花が並んでいた

IMG_1196.jpg

同年・・・
NHK大河ドラマ 「坂の上の雲」 放送の年の11月
夫や息子の興味もあって日帰り家族ドライブで四国の松山へ行った
往路は瀬戸大橋を渡って四国へ・・・
「坂の上の雲ミュージアム」、松山城などを見て
帰りは しまなみ海道経由・・・帰着は夜の10時になった


さて・・・

gettyimages-165669244-612x612.jpg

パイナップルを 1個まるごと買うと
食べごろまで暫く家に置いて・・・
食べたあとはクラウン部分を栽培・・・
2006年から5年以上たっても葉は出そろったけど
果実は生らずに枯れてしまった

先日、久々に夫が買ったパイナップルも
しばらく置いて、きのう切って食べた
酸っぱくなく、甘くておいしかった
・・・し、もちろんクラウンは少し乾かしてから栽培の予定

パイナップルは歩留まりが悪いというか
皮や芯など、食べれない部分が多くて冷蔵庫に備蓄

DSCN5526.jpg
暫くは野鳥レストランのメニューに充分だな
でも、きょうはメジロさんもヒヨドリも見なかったなあ

「来年のことを言うと鬼が笑う」・・・なんて言ったりするけど
我が編み物は赤色の毛糸が使い切ってゼロなので
このごろ・・・来年の干支トラを試し編み

DSCN5530.jpg
しかし、顔が難しい      また新しいのを編んで

DSCN5532.jpg
首を すげ替え

もとの2つは いったん のっぺらぼうに戻した
DSCN5534.jpg
玉子焼きの乗った にぎり寿司みたい


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by うさパラ at 22:00| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: